マガジンのカバー画像

GO's Things / Culture

28
GOのカルチャーや日々のできごとについてまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

GO役員が考える、GOのValue

社員の働き方をアップデートすべく刷新された新しい行動規範、Value。それぞれのValueはよりシンプルで洗練されたものになり、数は4つから8つに増えました。ゆえに、メンバーの多様性にフィットしやすくなりました。 GOの役員は新しいValueをどう捉えているのか?10人それぞれの解釈、エピソード。そして、社員だけでなく、これからGOの仲間になる採用候補者様、ユーザー様、パートナー様に向けたメッセージを聞いてみました。 代表の川鍋、中島からの対談記事はこちら 取締役 青木

「改めて一枚岩になる」GOの全社会をプレイバック!#わかレポだより

皆さん、こんにちは。GO-on編集部 / 広報の高堂です。 遅ればせながら、2024年もGO-onそして #わかレポだより をどうぞよろしくお願いします! さて、今年1本目の #わかレポだより ですが、何を隠そう。私には2023年にやり残したことがございまして... はい、GOの全社イベントの一つである「全社会」を12月最終営業日の目前に開催しました。その思い出たちを記事にしたためないまま新年を迎え、さらに年明け業務に追われてからの現在。(言い訳と懺悔) ということで今回

【会長×社長対談】Valueアップデート!次の未来へGOするための、GOらしい働き方・価値観

2020年の事業統合から3年以上が経ち、GO株式会社ではMVV(Mission・Vision・Value)のうちのValueについてアップデートを行いました。経営陣が考えたものを決定事項として伝えるのではなく、全社員へのアンケートや個別インタビューを実施しながら、GOの社員みんなが大事にすべき価値観や文化を探り、8つのValueが決まりました。 今回は、会長の川鍋と社長の中島に、アップデートを行った理由、新たな観点で作られたGOらしい働き方・価値観など、Valueに込めた想

GOにはこんな部活があるよ!Vol.5 ランニング部

こんにちは、AI技術開発部の菊地です!今回は自身が在籍し、部長も務めさせてもらっているランニング部の活動を紹介させていただきます。 GOランニング部ってどんな部活? オフィスから近いということもあり、皇居周辺を主な活動場所としています。部員のスポーツ経験は、あまりスポーツに触れてこなかったメンバーからマラソン経験者まで様々。比較的人数が多いので、自分に合ったペースのメンバーと話しながら走っているといった感じです。 大会に参加する人数が多いのも特徴で、今年は『企業対抗駅伝

\GOの“あっちー”部活動/銭湯サウナ部員で、あっちートーク! #わかレポだより

みなさん、こんにちは。GO-on編集部 / 広報 高堂です。 突然ですが、毎月26日が「お風呂の日」ってご存知ですか?「家族でお風呂に入って親子の対話を」との思いを込めて1985年に東京ガスが制定したんだそう。 GOにもそんな“お風呂”で過ごす時間を大切にしているメンバーがいて、身も心もほぐれた後にはみんなで食事を囲もう!という部活動「銭湯サウナ部」が存在します。実は私も入社直後から所属しています😏 ということで、今回はそんな「銭湯サウナ部」のメンバーに、部活の魅力や活動の仕

中途社員に驚かれる週次全社オンライン会議「Weekly Stand Up」の全貌

こんにちは!GO-on編集部・人事の野口です。 GO株式会社には、情報共有の場として「Weekly Stand Up」(以後WSU)という全社員対象の週次オンライン会議があります。GOが発足してから3年半、雨の日も風の日も毎週実施してきました。 今回はWSUについて、そもそもの実施の背景や開催の裏側のエピソードなどについて、代表の川鍋・中島の話も交えながらご紹介します! Weekly Stand Upに参加したメンバーのコメントから感じられる「情報のオープンさ」WSUは、毎

【GO!チャレンジドアスリートと交流したい!】所属アスリート紹介とパラフェンシング体験会レポート

はじめに みなさんこんにちは! GOの人事部で障がい者雇用の受け入れ担当をしているまみみです♬ まみみの過去記事はコチラ 先日、GOの障がい者雇用について取り組みへの想いをお話したばかりですが、今回はその中でもGOに所属しているチャレンジドアスリートの皆さんとその取り組みをご紹介したいと思います。 チャレンジドアスリートの入社! 2023年7月から、GOに3名のチャレンジドアスリートの皆さんが入社しました! ■深澤 美恵(車いすテニス、車いす卓球) 競技をする傍ら、

GO TechTalkの裏側で。 #わかレポだより

ご挨拶と連載爆誕の真相 みなさんこんにちは、GO-on編集部の広報 高堂です。 最近ふと、我が社のカルチャーって、社外の方に伝わっているのかな?と感じます。私自身、GOに入社してから約1年半ほど経ちますが、今なお毎日と言っていいほど、新たな一面に出会うんです。「キャラが強い」なんて一言では言い表せない多種多様なメンバーがそこにはいて、そのメンバーたちが織りなす人間らしい出来事の数々。 それらをもっとリアルにお届けするにはどうすればいいだろうか?と思い、この度ゆるめの連載「

技術とカルチャーがマッチ。「エンジニア×リファラル採用」の良さとは?【GO リファラルストーリー Vol.4】

GO株式会社の制度には、“リファラル採用支援制度”があります。これは社員がGOにマッチしそうな友人・知人を「採用候補者」として紹介することを支援する制度。最近ではこの制度で入社を決めた社員が増えてきました。 「GO リファラルストーリー」の4回目は、エンジニアの森本(紹介者・写真左)と浜地(被紹介者・写真右)を紹介していきます。「GOを紹介しようと思った理由」や「エンジニアにとってのリファラル採用の良さ」など詳しく聞いてみました。 “信頼できるエンジニア”として浮かんだの

育休取得してどうだった?子育てエンジニアぶっちゃけ座談会

仕事と育児の両立を推進するべく、男性が育児休業(育休)を取得するケースが増えてきています。GO株式会社(以下GO)でも同様に、出産という人生の節目を経て、一定期間を父親として育児や家事に専念するケースが増えてきました。 一方で、プロジェクトの途中で育休を取得することに引け目を感じてしまったり、引き継ぎに手間取ってしまったりする場合も少なくありません。今回は実際に育休を取得したエンジニアメンバーが登場し、「スムーズに育休を取得するためのポイント」や「育休が仕事や私生活にもたら

「GOを理想のテックカンパニーに」エンジニアたちが2年間発信し続けて見えたもの

タクシーアプリ『GO』をはじめとする各種サービス開発のウラ側が語られるオンライン技術イベント『GO TechTalk』。 2021年1月のスタート以来、毎月開催しており、おかげさまでIT勉強会支援プラットフォーム『connpass』のメンバー登録数は2000名超まで増加しました。 2年以上継続するなかで見えてきたものはなにか。どのような点で成果を感じるのか。そして今後の展望は。運営メンバーの鈴木達哉(すずき たつや)、日浅貴啓(ひあさ たかひろ)、渡部徹太郎(わたなべ て

紹介したのは高校の友人。誠実で真面目な人柄を知っていたから【GO リファラルストーリー Vol.3】

GO株式会社(以下GO)の制度の一つに、“リファラル採用支援制度”があります。社員がGOにマッチしそうな友人・知人の紹介を支援する制度で、最近はこの制度でGOに入社した社員が増えてきています。今回紹介するのは、リファラル採用で入社したスマートドライビング事業本部 セールスの木下と、木下を紹介したGOアプリ事業本部 事業企画部の石山。もともと二人は高校の友人だったといいます。 なぜ友人にGOを紹介しようと思ったのか?実際に選考を受けて感じたことは?リファラル採用の良さとは?最

“GO株式会社になった日”に行われた3周年イベント・懇親会の様子をお届け

2023年4月1日、株式会社Mobility Technologiesは、GO株式会社(以下 GO)へと社名を変更しました。そして同時に、2社の事業統合からちょうど3周年を迎えました。 そんな節目である4月初旬に、全社的な周年イベントを開催。初の新卒新入社員となるメンバーが紹介された後、代表の中島が「GOの未来」についての構想を説明しました。その後の懇親会の様子まで振り返ります。 「□□□□ GOes NEXT」に何を入れる?  代表 中島が全社員に問いかけた訳イベント本

GO株式会社に待望の新卒一期生3名が入社しました!

こんにちは、GO株式会社・人事の野口です。 2023年4月3日、GOで新卒入社式が行われ新卒一期生の3名が入社しました。 この日は会社名がMobility TechnologiesからGOに変わりGO株式会社としての初日であり、統合後3周年を迎える日でもありました。3つもビッグイベントが重なるなんともメモリアルな日でした! 今回の記事では、新卒入社式の様子をご紹介します。 待ちに待った新卒一期生の入社現在私たちが取り組んでいることはタクシーアプリのみならず、エネルギー問題や